まお&まいこ×右左見堂 共催企画 第7回

 

名作を薦めあい、皆で語り合う

ビブリオバトル×読書会

 

 ビブリオバトルと読書会の両方に参加するのがお薦めですが、

どちらか一方への御参加も歓迎です!

 

①ビブリオバトル 7/22(日) 17時~19時

選書条件:

・岩波文庫の「赤帯(外国文学)」もしくは「緑帯(日本近現代文学)」

・「一冊100ページ前後の中篇」もしくは「短篇集」であること

・絶版でなく、一般の書店やネット通販で入手しやすいもの

発表者は、以上3点の条件を満たすご本で参加して下さい。

※チャンプに選ばれたご本は次回の読書会の課題書となりますので、発表希望の方は8/5の「読書会」にも御参加願います。

ビブリオバトル普及委員会の公式ルールに準じて行います。

※テーマに沿った本でのバトルのみ、テーマフリーのバトルはありません。

※発表の様子を録画し、チャンプ本の発表はyoutubeにアップロードさせて頂きます。「顔が映らないように撮る」などの対応もできますので、ご相談ください。

※観覧のみの参加も歓迎です。

 

②読書会 8/5(日) 17時~19時

課題書は、7/22のビブリオバトルのチャンプ本です。

御参加に当たり、

・課題書を通読してくること

・「7/22のビブリオバトルに参加している」か、「youtubeにアップロードされたチャンプの発表を視聴してくる」こと 

 

 

開催場所: いずれも 古書肆 右左見堂 アクセスはこちら

※16:30開場。余裕を持ってお越しください。

※イベント後、懇親会を予定しております(右左見堂近隣でお食事、会費三千円前後。自由参加)。

 

参加費: 各回 500円

※ビブリオバトルについては、発表・観覧とも同じ料金です。お会計の際、右左見堂で使える500円ぶんの商品券をお渡しするので、右左見堂でお買い物をすれば実質無料となります。

  

エントリー方法:当店のお問い合わせフォーム、以下の内容を記入して送信して下さい。

 冒頭部に「7/22ビブリオバトル参加希望」「8/5読書会参加希望」などと明記した上で、

①お名前 ②メールアドレス ③発表か、観覧のみか ④懇親会参加の可否 ⑤その他ご要望(あれば)

※観覧のみご希望の方もエントリーメールをお送り下さい。

※参加受付のメールをお送りするため、メールアドレスは正確にご記入下さい。

 

 

企画趣旨(まお&まいこ/右左見堂)

 

 お薦めの本を紹介しあい、本のこと、お互いのことをより深く知ることができる「ビブリオバトル」。その存在も広く認知されるようになり、すっかり愛書家たちの人気イベントになりました。我々も、これまで何度もビブリオバトルを主催し、本や人との出会いを楽しんできました。

 ただ、最近ちょっと物足りないな、と感じるのは……ビブリオバトルは、チャンプ本が決まったら(単発イベントとしては)そこで終了、ということ。イベント後の歓談タイムで「あなたの本に投票しました、絶対読みます!」と声を掛けられたり、発表を通して同好の士を見つけディープな情報交換をしたり、というのはまさにビブリオバトラー冥利に尽きる経験ですが、いつも、というわけにはいきません。

 もうちょっと踏み込んだ言い方をするなら……みんな、「いちばん読みたくなった本」に投票してるはずだけど、正味のはなし、どのくらい「読みたい」と思ってる?投票した人のうち、どれだけの人がその本を実際に手に取るんだろう? 別に、「投票した本は必ず読むべき」と言っているわけではありません。「本好きが、本のことを話し、聴く楽しみ」自体がビブリオバトルの魅力ですし、当該書籍を読まずとも、発表を聴くだけでも以後の読書の幅はグッと広がるでしょう。しかし、ひとつくらいは「皆で選んだチャンプ本を、皆で実際に読み、批評や感想を交換する場」があってもいいのではないか。そういう思いで、このイベントを企画しました。

 ビブリオバトルの発表者にしてみれば、「皆に読んでほしくて、一生けんめい紹介した本」が実際に読まれ、議論してもらえるわけですから、こんなチャンスは滅多にありません。

 選書の条件については、「文芸書」に絞るため、また、読書会参加者が手に入れやすいように、「岩波文庫の赤帯か緑帯で、薄い本、もしくは短篇集」という制約を設けました。ビブリオバトルと読書会のあいだの2週間のうちにチャンプ本をじっくりと読み込む、ということは、「ビブリオバトル聴衆の心を最も掴んだ本は、実際どんな本であったか=ビブリオバトル聴衆の審美眼は、どのくらい確かなのか」を検証する機会でもあります。

 ビブリオバトルも読書会も、初心者歓迎。主催者としても初の試みなので、手探りでの進行になると思います。本好きの方、これから文学について学びたいと思っている方、ぜひ御参加下さい。

 

この夏、東京下町の古本屋に集い、文学について熱く語り合いませんか?