映画・演劇、美術・音楽・演芸 等に関する評論の部

※タイトルをクリックして当該のご本にジャンプできます。

  著者(五十音順) タイトル 価格
朝倉文夫 彫塑余滴 800
  飯塚友一郎 新劇と旧劇 1,500
  猪俣勝人

日本映画名作全史 三冊揃(戦前編・戦後編・現代編)

1,200 
木村菊太郎 蓼寿 2,000
  木村東介 東介波瀾万丈 1,000
鈴木順雄,大石治吉 文化史教授資料 日本美術の系統的研究 800
田中素白 田中素白師伝 石州三百箇条 2,000
  堂本正樹 堂本正樹の演劇空間 1,000
中村義一 編 随筆集 芝居 1,500
藤原義一 京都の古建築 1,000
真船豊 梅原龍三郎 1,000
       
ネッテル Nettel 音楽のふるさと 1,500
ビートルズ Beatles Up the Beatles' family tree 10,000
  フィードレル Fiedler 芸術論 1,000

雑誌

  出版社(五十音順) タイトル 価格
吐夢書房 カジノ・フォーリー【創刊号】 1992.1 1,000 
朝倉文夫 文集 彫塑余滴

 

朝倉彫塑館/1983/当時非売品/カバー上下端小イタミ、小口小シミ

  • 0.5 kg
  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1
飯塚友一郎『新劇と旧劇』

 

岡倉書房/1937/函あり/朱線少々

  • 0.8 kg
  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1
猪俣勝人『日本映画名作全史』三冊揃

戦前編・戦後編・現代編

(第13刷・第25刷・第11刷)/現代教養文庫/小口小シミ

 

  • 0.7 kg
  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1
木村菊太郎『蓼寿』

 

蓼胡蝶出版記念会/昭和44年/非売品/カバー・小口・見返しのヤケシミやや強し

 

 小唄「蓼派」の初代家元、蓼胡蝶の十三回忌の前年に出版された。初代胡蝶の詳細な人物評伝である「蓼胡蝶について」と、胡蝶作の小唄16曲について詳しく解釈・鑑賞した「蓼胡蝶の小唄」の二部構成になっている。

  • 0.3 kg
  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1
木村東介『東介波瀾万丈』

民俗美術に賭けた一生

 

坂井邦恭=編/銀座屋出版/1991年第3刷

  • 0.5 kg
  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1
鈴木順雄,大石治吉『日本美術の系統的研究』

文化史教授資料


南光社/1926/函カバあり/朱線少々あり

  • 0.4 kg
  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1
堂本正樹の演劇空間

 

九藝出版/昭和53年初版第1刷/蔵書印あり

  • 0.4 kg
  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1
随筆集 芝居

 

大河内書店/1948年初版/中村義一 編/函あり

 

岩田豊雄「雑感」、長谷川伸「五世菊五郎の英語」、花柳章太郎「ふたむかし」、穂積重遠「仲夏夜夢」、富安風生「僕の羽左びいき」、渡辺水巴「傘の天井」、渡辺紳一郎「花の巴里の橘や」、吉井勇「感傷四題(耽々亭劇談)」、辰野隆「『どん底』の印象」、内藤濯「フランス座の名優たち」、中山晋平「カチューシャの思い出」、中村吉右衛門「父母」、内田誠「聲棧敷」、尾上菊五郎「女の冷たい手」、奥野信太郎「舌の傳統」、正宗白鳥「旧劇と新劇」、福原鱗太郎「ロンドン勧進帳」、小林一三「新築『中座』の経営論」、小宮豊隆「熊谷の心理」、佐々木邦「絵本太功記」、木村壮八「役者の顔」、喜多村綠郎「『藤十郎の恋』に就いて」、三田村鳶魚「ぬれ事」、澁澤秀雄「拍手考」、松本幸四郎「『勧進帳』の苦心」、平山蘆江「芝居から劇場へ」、森田草平「飯田の播磨屋とバーンズ少佐」、森田たま「かぶき」

  • 0.5 kg
  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1
藤原義一『京都の古建築』

 

高桐書院/京都叢書<1>/1946年再版/表紙上下端に小傷み

  • 0.2 kg
  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1
真船豊『梅原龍三郎』

 

石原求龍堂/1944年初版/カバーあり

 

美について/梅原氏の美について/梅原氏の画業について(巴里時代・風景画・人物画・静物画)

  • 0.95 kg
  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1
Up the Beatles' family tree

 

1966年/ACHIEVEMENTS LTD/美/16 Page Booklet, Approx. 7" x 9 1/2" In Size. Contains Fully Written And Illustrated Family Trees For Each Beatles Member.

¥10,000
カートに追加
  • 0.3 kg
  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1
フィードレル『芸術論』

 

コンラッド・フィードレル/金田廉 訳/第一書房/1928年第2刷/裸本、朱線少々

 

美術品の評価に就いて/芸術的活動の起源/附録:コンラアド・フィードレルに就いて

  • 0.7 kg
  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1
カジノ・フォーリー【創刊号】 1992.1

大東亜一の毒入りお笑い雑誌

 

吐夢書房/美

 

特集=『北野ファンクラブ』/WAHAHA本舗完全ガイド/完パケ『ポール牧』ほか

  • 0.3 kg
  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1
田中素白師伝 石州三百箇条

平成水戸何陋会三百箇条

 

SOLD/石州流水戸何陋会/2002/函入り上製本、元パラあり/新品極美

  • 0.6 kg
  • 在庫切れ
書と文化

 

SOLD/成田山新勝寺/2008年/函あり極美

  • 0.8 kg
  • 在庫切れ
和田矩衛編『現代映画講座』全六巻揃

 

SOLD/東京創元社/いずれも初版/第2,5,6巻月報欠け/いずれも経年相応の小口焼けあるものの状態良好

1.製作・歴史篇/2.技術篇/3.シナリオ篇/4.監督篇/5.演技篇/6.鑑賞篇

 

 世界・日本の映画の歴史、そして当時の情勢に、あらゆる角度からアプローチする。植草甚一、筈見恒夫、大黒東洋士、橋本忍、市川崑、飯島正、今村太平、淀川長治……などビッグネームのほか、各分野の専門家が原稿を寄せている。

  • 2 kg
  • 在庫切れ
木村毅『ラグーザ玉自叙伝』

 

SOLD/改造社/昭和14年/天金/函無し、背上下端小イタミ。

 

ラグーザ玉の生い立ち、ヴィンチェンツォ・ラグーザとの出会い、フランスでの生活、夫との死別、そして帰国までを、木村毅が聞き取り、まとめたもの。

小説『ラグーザ玉』(これも木村毅)の後に書かれた。

  • 0.5 kg
  • 在庫切れ
早川義郎『ラグーザ玉伝を検証する』

 

SOLD/えあ社/2002

 

ラグーザ玉に関する、最新の研究成果の集大成。

過去に書かれた、あらゆる玉の評伝を読み込み、吟味する。

また、玉のほぼ全ての作品を拾い上げて検討し、「画家・ラグーザ玉」の全体像に迫る。

  • 0.6 kg
  • 在庫切れ
J・マシューズ『バトル・オブ・ブラジル』

 ―『未来世紀ブラジル』ハリウッドに戦いを挑む― 

 

SOLD/ダゲレオ出版/1989年初版第2刷/オビあり/天・小口の点シミ強し

 

映画史に残る怪作『未来世紀ブラジル』(テリー・ギリアム)が、制作会社の圧力を跳ね除け、公開に至るまでの軌跡を描く。作者 ジャック・マシューズは、『ブラジル』公開に尽力した映画評論家。テリー・ギリアムのファンのみならず、「表現と自由」というテーマに興味のある方には、ぜひ手に取って頂きたい1冊。

  • 0.4 kg
  • 在庫切れ
ムウシナック『ソヴィエト・ロシヤの映画 附 シネマの誕生』

 

SOLD/レオン・ムウシナック(ムーシナック)著/飯島正 訳/往来社/昭5初版/映画叢書第二編/経年シミ/表紙イタミ少々

 

 著者はルイ・デリュックと並ぶ(幼馴染であった)、最初期の映画評論家・理論家。特にソヴィエト映画の評論活動において著名であり、本書はその集大成である。デリュックの「フォトジェニー論」の発展形とも言える「リズム論」を披瀝した「シネマの誕生」が収録されている。

 ロシアン・アヴァンギャルド映画研究、また、最初期の映画演出論に関する最重要の書籍。

  • 0.3 kg
  • 在庫切れ
タイムライフブックス・フォトグラファーズハンドブック

 

SOLD/Time inc./1973年第7版/リング装64ページ/表紙にスレ感、線引きあるページ1葉あり

 

 銀塩写真のとり方と現像、焼きつけの手順が64ページに渡って豊富な写真と共に解説されている。当時の機材の紹介も豊富で、オールドファンには嬉しい一冊。

  • 0.3 kg
  • 在庫切れ
別冊宝島 : 映画宝島 怪獣学・入門!

 

SOLD/JICC出版局/1992年第3刷/天に小汚れ/編集:町山智弘

 

赤坂憲雄「ゴジラは、なぜ皇居が踏めないか?」,長山靖生「ゴジラは、なぜ「南」から来るのか?」,呉智英「怪獣の名前にはなぜ「ラ行音」が多いか?」,みうらじゅん「ウルトラマンは菩薩である!」,佐藤鍵志「ウルトラマンは、なぜ人類を守るのか?」,會川昇「金城哲夫をさがして」,切通理作「ウルトラマンにとって「正義」とは何か?」,まるたしょうぞう「ヌーヴェル・ヴァーグは「特撮」に実を結んだ!」,村瀬学「子どもはなぜ、怪獣が好きなのか?」,赤坂憲雄「バランとラドンは、なぜ滅ぼされるか?」,島田裕巳「日本人は、なぜ自力で怪獣を倒せないのか?」,東雅夫「蛮神殺しの系譜」,椹木野衣「モダンアートの結晶としてのウルトラ怪獣」,小中千昭「持続としてのウルトラマン」ほか

  • 0.5 kg
  • 在庫切れ
カジノ・フォーリー 創刊3号 1992.5

 

SOLD/吐夢書房/美

  • 0.3 kg
  • 在庫切れ