特装本・豆本・変型本の部

※タイトルをクリックして当該のご本にジャンプできます。

  シリーズ 著者 タイトル 価格
  小田切清光 もろまるだ詩 2,000
  国貞 春詠松竹梅 1,000
  吉行淳之介 吉行淳之介豆本文庫 八冊揃 ガラスケース付 60,000
いなほ豆本 枡谷友三 花街及売笑 文献書目目録 1,750
珈琲豆本 伊藤博 ⑧ ブラジルの珈琲 (特装・家蔵本) 4,000
    小林章夫 ⑬ ロンドンのコーヒー・ハウス (並製) 1,500
  古通豆本 上田茂春 山の限定本 並装 上下揃 1,500
三月書房 戸板康二 夜ふけのカルタ (署名特装本) 1,500
    丸岡明 港の風景 (署名特装本) 2,000
    三浦哲郎 おふくろの妙薬 (署名特装本) 5,000
太平豆本 花咲一男 陰名随筆(特製) 3,000
      陰名粋筆(普及版) 1,500
  多摩豆本 富永春芳 ⑦ 多摩地方史料総覧 1,500
    芳澤鶴彦 ⑪ 武蔵野の独歩 1,500
    桂英澄 ⑫ 桜桃忌の三十三年 3,000

野田豆本 宗谷真爾 蛇神の塔 限定A版 3,000
  蚤の市豆本 紀田順一郎 読書三余 4,000
肥後豆本 本田晴光 遠い跫音 800
ワニの豆本 金子登 殺人博士 1,000
         
  武井武雄刊本 武井武雄 刊本作品親類通信 <46> 1980春

800

         
  福音館 福音館小辞典文庫 福音館小辞典文庫、バラ売り 500~
吉行淳之介豆本文庫 8冊揃

専用ステンドグラスケース(ガラスケース)入り

 

芳文社/1986~87/全巻、遊び紙に著者サイン入りシリアルナンバー第148番(総数345部のうち)/上製印伝装(鹿革に漆で紋様を施したもの)/三方金/状態美

 

第1巻『寝台の舟』,第2巻『青い花』,第3巻『童謡』,第4巻『風呂炊く男』,第5巻『廃墟の眺め』,第6巻『雙生』,第7巻『菓子祭』,第8巻『夢の車輪』

¥60,000
カートに追加
  • 1.5 kg
  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1
小田切清光『もろまるだ詩』

 

未来工房/昭和五十八年/函題箋、本体小口に小シミあり。

 

 タイトル通り、「まるだし」の性的詩情が奔放に綴られている。それも決してイヤラシイ感じではなく、呵々と笑わされてしまう感じ。ことば遣いも上手く、コッソリ詠み上げたくすらなってしまう。書影欄に掲載したような、「ほぅ」と感心するギミックのある詩もある。

 

一篇だけ引用。

 

じょ袋  だき逮  してみ対

やり体  はめ帯  しごき頽

せめ待  だし替 つっこみ胎

いき態  しに耐  とつげき隊

 

大した 他意はないけれど せめて一発

いたし戴

――「たい人関係」 

  • 0.04 kg
  • 在庫あり
枡屋友三『花街及売笑 文献書目目録』

 

いなほ豆本 第二巻/いなほ書房/1986/天に細かな点シミあり。

 

 花街・売笑は、風俗史研究の一大フィールドである。その分野に関する研究文献を明治・大正~昭和50年代に亘って時系列順に整理。また、各文献について、著者なりの簡潔な説明を加えている。同分野のファン・研究家を自任する方には、ぜひ座右に置いて頂きたい一冊。

  • 0.04 kg
  • 在庫あり
伊藤博『ブラジルの珈琲』 特製・家蔵本

珈琲豆本⑧

 

いなほ書房/1987/特装版100部の番外、家蔵本/外箱あヤケシミやや強、函題箋に経年シミ少々あり/本体は極美、表紙に切手貼込み/ビニカバ

  • 0.3 kg
  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1
小林章夫『ロンドンのコーヒー・ハウス』

珈琲豆本⑬

 

いなほ豆本/並製(200部)/カバー裏表紙にシミ、小口にも微細な点シミ1点あり

  • 0.3 kg
  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1
上田茂春『山の限定本』 並装 上下揃

古通豆本<42><43>

 

日本古書通信社/1980/表紙に微細なヤケシミ

  • 0.5 kg
  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1
戸板康二『夜ふけのカルタ』 特装署名本

 

三月書房/百部限定の特装本のうち第60番本/署名本/天金総革装/函フチに小アタリあり

  • 0.3 kg
  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1
丸岡明『港の風景』 特装署名本

 

三月書房/百部限定の特装本のうち第88番本/署名本/二重函・オビ付き・天金クロス装/函に軽い日焼け

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1
三浦哲郎『おふくろの妙薬』 特装署名本

 

三月書房/百部限定の特装本のうち第88番本/署名本/函付き天金クロス装/表紙と同じクロスの布辺つき

 

三浦にとって初めての随筆集で、発行年は初めての小説集を世に出してからちょうど10年目に当たる。ここに納められた57篇のうち、最も古いものは昭和36年の「感想」で、最も新しいものは昭和44年の「おふくろの妙薬」。あしかけ九年間の文章を集めた。

  • 0.5 kg
  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1
花咲一男『陰名随筆』


太平豆本⑤/1985/特製60部之内 第40番/箱あり、木版表紙


 男女の「秘部」の呼称・俗称の四十種ちかくを解説し、その謂れ・艶本での用例などを解説する。高橋鐵直系の広橋梵による編集・発行の会員限定誌『生活文化』(会員は『あまとりあ』誌上で募集されたらしい)の創刊号~第5号において連載された。性科学、語義学研究の労作。美しい特製本。

  • 0.2 kg
  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1
花咲一男『陰名粋筆』

 

太平書屋/昭和61年/太平豆本第七集/普及版200部之内、第109番/秩あり/地に小シミあり

 

 江戸時代において、男女の局部をどのように言い習わしたか?女なら、「天の岩戸」「おんこと」「巾着」。男なら、「さつまいも」「だんびらもの」「二匁つなぎ」。現代人が聞いても、とてもアソコのこととは思うまい。それらの語の謂れを、丁寧に解説した好著。近世文化風俗研究の大家が、膨大な冊数の春本を精査し、珍妙な隠語を解剖していく、ある種の「語義学」である。奥付の裏には、朱い和紙のしたに、「ご本尊」の御写真が……。

  • 0.1 kg
  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1
富永春芳『多摩地方史料総覧』

 

多摩豆本第七冊/未来工房/昭和五十四年/頒布された三百部の他の、「版元家蔵本」/小口に微細な経年シミあり。

 

 

  • 0.2 kg
  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1
芳澤鶴彦『武蔵野の独歩』

 

多摩豆本第十一冊/未来工房/昭和五十六年/限定300部の第289番

 

 国木田独歩は『武蔵野』の刊行によって浪漫派としての地歩を固めたが、本書は彼が実際に武蔵野を歩いた足取りや、当時の彼の交際などを、丁寧に研究している。優れた『武蔵野』研究書にして、独歩のバイオグラフィーでもある。

  • 0.3 kg
  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1
桂英澄『桜桃忌の三十三年』

 

多摩豆本第十二冊/未来工房/昭和五十六年

 

 太宰治の弟子にして、桜桃忌の催しに携わってきた筆者の想い出の記。弟子どうしの人間関係や、生前の「太宰先生」の回想など。金色・水色の糸で織られたクロス装の表紙も美しい。

  • 0.2 kg
  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1
宗谷真爾『蛇神の塔』

 

野田豆本 第二巻/野田書房/1978

限定百部の内、A版(全80部)の第42番/総革装/パラフィンカバーあり/著者署名あり。

 

 筆者のアンコール文明研究が結実した短編。エロスと贄死が美文調で描かれる。豆本ながら、総革装で豪華。

  • 0.12 kg
  • 在庫あり
紀田順一郎『読書三余』


蚤の市豆本 ・ 3/愛書家交換会/1987/著者本20部の第4/署名落款/函・元パラ


 読書論・出版論や「古書ミステリ」で知られ、日本のSF・ミステリ界の開拓者、自身も熱烈な愛書家である紀田順一郎による読書エッセイ。

  • 0.1 kg
  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1
本田晴光『遠い跫音』

 

肥後豆本 13/もぐら書房/1985年初版/遊び紙・扉ページの経年シミ強し

 

 著者がスペインを訪れ、内戦の爪痕をその目で見、その耳で聞いたことを纏めた詩集。スタイルとしては散文に近い。

 

窓の外には 石ころだらけの広い大地

やわらかく 起伏している丘

オリーブ畑 そして

真っ赤なケシの花は 荒野の肌ににじみ出てきた 血であった

<Viva la muerte!> 死よ万歳!

グラビアの頁に その言葉はあり

目隠しされた 初老の男が

銃殺される場面を 写していた

死に臨んだ男の叫びが その言葉なのだ

(一部抜粋)

  • 0.1 kg
  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1
金子登『殺人博士』

推理小説が楽しくなる

 

KKベストセラーズ/1978年第9版/ワニの豆本P116/小口・見返しのヤケシミ強し

 

 様々なトリックや凶器の隠匿方法、自然界の毒物や法の抜け穴など……。過去に実際あった事件ファイルや世界の殺人鬼のプロファイリングも。「実用」に耐えるレベルではないと思うが、何というか「サービス精神旺盛」で、ミステリ好きのインスピレーションを擽る、楽しい小さな本。

  • 0.15 kg
  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1
武井武雄刊本作品親類通信 <46> 1980春

 

中綴じ32頁/表紙に木版画貼付/挟込紙片3葉(「友の会収支計算書」「第17回・刊本作品箱頒布ご案内」「お知らせ」)/表紙左側に煤け、小口少シミ

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1
福音館小辞典文庫 バラ売り

 戦後、福音館が出版事業に乗り出す切っ掛けとなった小辞典のシリーズ。約12.5×7cmと、ほんとうに小さい。

 

・『全釈 小倉百人一首 冷泉為恭筆作者肖像入』1978年46版、カバー裏表紙側にシワ(画像で御確認下さい):1,500円

・恒藤武二監修社会科小辞典 憲法・宣言・条約集』1952年9刷、カバー無し、経年ヤケシミ:1,000円

・若林喜三郎監修『日本史小辞典』1952年第10刷、経年ヤケシミ:1,000円

・佐々木茂監修『体育小事典』1952年初版、カバーが表紙に貼付、巻末遊び紙に蔵印、経年ヤケシミ:800円

・小倉学『古語小辞典』1953年初版、巻末ページに蔵印、経年ヤケシミ:1,000

古谷健太郎監修『物理小事典』1951年第11版、カバー破れ・カバー表紙に貼付:500円

・山本生三監修『数学公式小辞典 増補版』1951年第40版、カバー無し・傷み強し(背傷み・表紙フチ傷み):500円

・小西英一監修『化学小辞典』1951年初版、カバー破れ・カバー表紙に貼付、傷み強し(背イタミ、最終頁少ヤブレ):500円

 

¥1,500
カートに追加
  • 0.5 kg
  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1
磯山定二『摩阿陀会』

 

品切/コンノ書房/1975年/限定555部のうち第54番本/パラ有り美品

 

 「摩阿陀会」と言えば、言わずと知れた(?)、内田百閒の誕生日会。本書は、その第十六回で初めて摩阿陀会に参加した筆者による記録。案内状に記された奇妙な回文(毎回、百閒先生「肝煎り」の弟子が書いていたらしい)の文面や、会での筆者と先生の会話など。百閒ファンのコレクターズアイテムとして。 

 また、豆本としてもたいへん良い出来で、革背に箔押しの題字、マーブル模様の表紙も美しい。

  • 0.03 kg
  • 在庫切れ
城塚朋和『作家以前の吉川英治』

 

品切/多摩豆本第十冊/未来工房/昭和五十五年/限定300部の第283番、著者毛筆署名あり

 

「作家以前の吉川英治」とは、

  • 明治43年頃までの、少年時代。「吉川霞峰」の号で、盛んに投稿
  • 明治44年~大正11年頃の、川柳家「吉川雉子郎」

のこと。

本書は、主に「川柳家 吉川雉子郎」に注目。作品鑑賞や、文壇での足跡を丁寧に追いかける。

  • 0.07 kg
  • 在庫切れ
大河内昭爾『多摩文学散歩』

 

品切/多摩豆本第十三冊/未来工房/昭和五十六年

 

 多摩ゆかりの文人・文豪の、土地と結びついたエピソードがふんだんに盛り込まれている。天気の良い日は、この『多摩文学散歩』を片手に載せて、東京の西の外れに遊びに行きませんか……?

  • 0.05 kg
  • 在庫切れ
ソニー英語小辞典 A Junior EnglishDictionary

 

SOLD/岩田一男:編/ソニー商事株式会社・三省堂/1970/非売品(当時)/約5x6cmの超小型辞典/背題字薄れ・小口や見返しにシミ・巻末見返しにAudio Unionの印

 

 詳細不明ながら「ソニー」の名を冠し、非売品であること、オーディオ店の印があることなどから察するに、ノベルティ・グッズとして配られたものか。編者は英語教育者の岩田一男、発行所は三省堂となっている。小さいながらも英和の部・和英の部・外来語の部・附録の部(会話表現や変化表) が収録されており、ミニチュアにしては内容は濃い(だからと言って、実用に耐えるかは……

  • 0.1 kg
  • 在庫切れ
タイムスリップグリコ 思い出のマガジン

 

SOLD/江崎グリコ/2004/各500円

 

 「グリコのおまけ」だったものだが、すごいクオリティ。正確には豆本ではなく、精巧な「ミニチュア」。昭和のファッション誌・音楽誌・学習誌・ホビー誌などをギュッと1/4に縮刷。読みづらいけれど、ルーペで見ると……全ページ、きちんと再現されている!(一部の広告など、権利関係で載せられなかったものはあり) 印刷技術も目を見張るものがあります。

  • 0.1 kg
  • 在庫切れ